新着情報一覧

立命館大学でブログ講座の講師を務め、無料地域ブログのメリットを伝えた

12月13日、立命館大学びわこくさつキャンパスでICT湖都さん主催の「ブログ活用講座」で講師を務めた。

20140105
※画像はICT湖都さんのfacebookページから拝借した。

10月まで運用に携わっていた「滋賀咲くブログ」を使い、約3時間お話しをさせていただいた。

ネットを使った情報発信を考えるとき、生活圏やビジネスの範囲が滋賀県内であれば、滋賀咲くブログの活用が一番効果的だ。
開設後7年が経過したサイトには大きなメリットが多数ある。

地域ブログ「滋賀咲くブログ」のメリットとは

すでに多数の方が利用しているコミュニティ

滋賀咲くブログは月間35万程度のユニークアクセスがあった。ログ解析によるとその約半分が県内からのもので、理屈の上では県民の8人に一人が毎月利用しているサイトになる。
身近な話題提供がアクセス数の拡大やリアルな出会いにつながる可能性が高く、運営者として実際にそういうシーンを多数見てきた。

検索エンジンからも一定の評価

沢山見てもらうには「検索エンジンからお客さんを連れてくる」必要がある。
滋賀咲くブログはすでに検索エンジンから一定の評価があるため、開設間もないブログでもすぐにインデックス(認知)してくれる。
※自社サイトでブログ開設だとインデックスに時間を要する。
また、「滋賀」などの「地域キーワード」で評価されているサイトのため、「地域キーワード」との組み合わせで上位表示を期待できる。

地域キーワードで被リンクの獲得

検索エンジン上位表示には「リンクの獲得(=被リンク)」(自サイトが外部からリンクされること)が重要。
被リンクは関連性の強いサイト(=テーマが同じ)が効果大と言われるので、「地域キーワードに強いサイト(=滋賀咲くブログ)」から自社サイトへのリンクは効果が期待できる。

自社サイトとブログを分割して間口を広げる

自社サイトを開設してもすぐに来訪は期待できないが、すでに一定のコミュニティがある「滋賀咲くブログ」で運営すればブログを通じて来訪を期待できる。
自社サイトとブログのデザインを共通化すると、訪問者は区別なく利用できる。
また、ブログは更新しやすいので「ニュース」などをブログで運営し、頻繁に更新するようオススメしてきた。

。。。などなど、その他にも多数ある。

ブログは自社サイトに!と言う人も

反面、ブログは自社サイト(同じドメイン(サブドメインでない))に設置すべきと言う人もいる。
無料のブログサービスは閉鎖の危険があること、閉鎖されないまでもサービスが陳腐化しているサイトが少なからずあることなども理由だが、検索エンジンが進化したことが最大の理由のようだ。
上にも書いたように、外部ブログの活用が「被リンク」や間口の拡大につながるとされてきた。最近は「被リンク」の重要性は変わらないものの、検索エンジンは「コンテンツ(=サイトの中身)」をさらに重視するようになってきた。その結果、アクセス数が多いサイトからの被リンクだけで上位表示されたサイトが、表示されなくなったと言われている。滋賀咲くブログの運営を通じてもそれは実感していて、これまでが異常だったと考えた方が良いくらいのケースもあった。
ほかに、ブログを自社サイトで運営すれば自社サイトの更新頻度とボリュームを増やせるメリットもある。コンテンツ重視の検索エンジンは更新頻度とサイトのボリュームを大きく評価する。

それでも地域ブログを活用するメリットは多い

これに対する反論と言うわけではないが・・・
サイト閉鎖の危険については、当初から独自ドメインで運用すればある程度回避できる。滋賀咲くではそれが可能。大手の無料ブログサービスではテキストデータのエクスポートができないサービスも多いが、滋賀咲くはエクスポートはもとより、画像まで簡易一括ダウンロードに無料で対応してた。なんと良心的なサービスかと思う。 ※2014年4月に有料化されてしまった。
また、サービスの陳腐化については、ASPで提供されるサービスのため、提供元のClogシステムが進化を続ける限りその心配はない。
私は提供元の会社を良く知っているが、Clogシステムはこの会社の重要な経営資源となっているため今後も進化を続けてくれると実感している。
最後の検索エンジン対策については考え方次第だと思う。頻繁に更新するなら自社サイトに置けば良いと思うが、更新頻度が月に数回くらいであればメリットは相殺されると思う。

なにより、ブログを自社サイトに設置すると更新がやりにくくなるのは間違いない。最近はサイトをWordPressで構築するケースが増えてきた。私がこのWordPressを初めて触ったのは2006年のはじめだったが、それ以来進化していると思うものの、記事更新は初心者向きではないと感じている。
その点、滋賀咲くブログは非常に更新しやすく、機能も充実している。ニュース部分だけを自社サイトから切り出し、滋賀咲くブログで運営するメリットは十分にあると思う。特に初心者さんにはオススメ。
このサイトもWordPressで構築しているが更新は滋賀咲くブログがはるかにやりやすいと実感している。

マルチデバイス対応

最近はマルチデバイスに対応していて、更新も閲覧も「PC」「スマホ」「タブレット」「ケータイ」それぞれに最適化された画面で行える。

マルチデバイス表示

それぞれのデバイスに最適化したデザインで表示される。さらにデザインのカスタマイズがやりやすいのも大きなメリット。

マルチデバイス更新

記事更新用スマホアプリも用意されている。

サイト設計が重要

webサイトの立ち上げには事前に考えておくことが沢山ある。ブログをどこにつくるかも大切だが、サイトで何を得るのか、運営をどうするのかなど先に十分考えておかないと後悔に繋がる。
それができてからつくる場所決めても十分だと思う。
考える時間がないのなら、まずは滋賀咲くブログで開設し、いろいろ試してみたほうが失うものは少なく、得るものは多いはず。

関連記事